日本人学校・インター校が充実

マレーシアでは、英語を日常的に使用する上に、多民族社会のため宗教や文化が異なる相手の価値観を尊重する傾向にあるため、子供の英語力や国際感覚を養うための最適なフィールドが広がっています。インターナショナルスクールはマレーシア国内に数多く存在し、学費は日本のインターナショナルスクールとは比較にならないほど格安です。
インターナショナルスクールには、マレーシア人から他のアジア人、欧米人まで幅広く在籍しているため、英語力だけでなく国際感覚が磨かれます。経済発展著しいマレーシアで、様々な国籍の、生涯付き合える多くの友人を作ることは、子供のその後の人生に計り知れないプラスとなることでしょう。
インターナショナルスクール卒業後には、欧米の大学に進学するか、マレーシアの大学に進学するか、帰国子女枠がある日本の大学に進学するか等、様々な選択肢があります。

世界のインターナショナルスクールに関する調査・研究を手掛けるイギリスのISCリサーチによると、2013年6月時点において、マレーシア国内にインターナショナルスクールは112校あり、その内、クアラルンプールには英語圏のインターナショナルスクールが分校も含め、30校弱あります。
また、子供だけではなく世代を問わず、英語や中国語、マレー語などの語学を習得されたい方は、日本の語学学校より格段に安く、そして短期間で学べるマレーシアの語学学校に通われることをお勧めします。

なお、マレーシアにはクアラルンプール、ジョホールバル、ペナン、コタキナバルに現地の日本人会によって運営されている日本人学校が4校あり、文部省の選考を経て派遣された先生方が多いため、日本と変わらない教育を受けることが出来ます。また、日本人学校では英語の授業に熱心に取り組んでおり、日本にいるよりも英語力が向上しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

マレーシア不動産 日本人学校・インター校01 マレーシア不動産 日本人学校・インター校02

クアラルンプール周辺の主要なインターナショナルスクール(インター校)・日本人学校


※[緑ピン]インターナショナルスクール、[赤ピン]日本人学校

←物価水準は約1/3、医療水準も高い 世界で最も天災リスクが低い地域→

Pocket