HOME > UMシティ ・物件詳細

先行販売 オフィス完成年月: 2018年予定 エリア: ジョホール地区

UMシティ (UMCity Medini Lakeside)
価格: 2,241 万円 専有面積: 72m² 間取り: 4R 管理番号:7F-C1-010
外観写真
(マレーシア不動産の写真01)
間取り図
(マレーシア不動産の写真02)
  • (マレーシア不動産の写真03)
  • (マレーシア不動産の写真04)
  • (マレーシア不動産の写真05)
  • (マレーシア不動産の写真06)
  • (マレーシア不動産の写真07)
  • (マレーシア不動産の写真08)
  • お問い合わせ候補に追加
  • 印刷画面を表示する
物件名称 UMシティ (UMCity Medini Lakeside)
物件番号 00086 情報公開日 2014年10月01日
種別 オフィス 完成年月 2018年予定
価格 2,241万円 (RM852,000) エリア ジョホール地区
専有面積 72m² (772sqft) 間取り 4R
総戸数 108戸 建物階数 地上24階 
部屋階数 7階 管理番号 7F-C1-010
所有権 期限付き借地権 駐車場 無 
引渡し予定時期 完成後 情報有効期限
開発会社 UM Land
所在地 Malaysia, Johor Bahru, Iskandar Puteri, Medini
交通情報 セカンドリンクまで車で約10分
設備・条件 セキュリティゲート 先行販売 学校近い 病院近い
ココがおすすめ

国際金融センターを目指して開発が進む、ジョホールの経済特区「メディニ地区」の一角で展開される複合開発プロジェクト「UMCity Medini Lakeside(UMシティ)」。今回ご紹介するのは、その第一フェーズとして2018年に完成を予定している、24階建て、全108戸の高級オフィスビルです。
その名の通り、湖畔で進む一体開発となる「UMシティ」には、レジデンス、高級オフィスビル、リテールに加え、世界最大級のサービスアパートメント運営会社「アスコットグループ」や、アジア・太平洋地域を代表するホスピタリティ・マネジメント会社「オニックスグループ」が運営する、ホテル、サービスアパートメントが併設される予定と、相乗効果のある魅力的な計画となっています。

日米欧の大手金融機関も続々と参入し、世界の金融市場で急速に存在感を増している「イスラム金融」において、マレーシアはイスラム債(スクーク)の発行残高で世界シェアの3分の2を握るなど、世界有数のイスラム金融大国として知られており、マレーシア政府は更なる市場拡大のリード役となるべく、「メディニ地区」をイスラム金融の中心地とすることを目指しています。
エリア内で活動する企業は10年間法人税が免除となるほか、そこで働く知識労働者も所得税が減免されるなど、「メディニ地区」では経済特区ならではの様々な税制優遇が提供されており、「UMシティ」の開発を手掛けるマレーシアの大手デベロッパー「UM Land」は、同社のフラッグシッププロジェクトとなる本オフィスビルに南部本社を構えることを決定。また、世界最大手のレンタルオフィス運営会社「Regus」が、ワンフロア丸ごと自社のレンタルオフィスとして運営する予定となっています。
賃料が安定的、且つ上昇傾向にあるグレードAの高級オフィスを目指して本物件の開発が進められている中、「メディニ地区」には今後、イスカンダル計画の進展と共に世界各国企業の進出増加が予想されており、新たなビジネス中心地の好ロケーションに誕生する「UMシティ」は、その受け皿として高い稼働率を実現することが期待されています。

また、「UMシティ」の周辺には、アジア初進出のテーマパーク「レゴランド・マレーシア」、数々の名作映画を世に生み出してきた世界的な映画製作所「パインウッド・イスカンダル・マレーシア・スタジオ」、世界各国の教育機関が集う教育ハブ「エデュシティ」、世界水準の医療設備を備える大型総合病院「グレンイーグルス・メディニ・ホスピタル」などが既に誕生。今後も注目施設が続々と誕生を予定しているほか、メディニがあるイスカンダル・プテリ地区(旧ヌサジャヤ)が、クアラルンプールとシンガポールの間を2時間半(途中駅での停車時間、出入国手続きを含む 走行時間は1時間半予定)で結ぶ高速鉄道(HSR)の駅建設予定地に決定するなど、「メディニ地区」の全開発と周辺目玉計画の更なる進展と共に、同地区のブランド価値は一層高まり、不動産価値向上も期待できることでしょう。

本物件の購入にあたっては、売買契約書の作成や住宅ローンの申請にかかる弁護士費用、管理費(1年間)の無料サービス等が付随します。更に、経済特区「メディニ地区」に誕生する本物件は、外国人でもRM100万リンギ(約2800万円)以下のユニットが購入可能であるほか、2025年までの間であれば、不動産譲渡益税(RPGT)が免税となるなど、他のエリアにはないメリットを享受することができます。
ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問い合わせください。



■「International Property Awards 2015」でダブル表彰の栄誉
不動産業界で最も権威があるとも言われる「International Property Awards 2015」のグランドファイナルが、2015年12月7日にロンドンで開催され、「UMCity Medini Lakeside(UMシティ)」が、「Best International Office Development」と「Best Office Development Asia Pacific」の2つの賞を受賞しました。特に、世界に数あるオフィス開発の中から選出され、世界的な知名度も高い「Best International Office Development」を受賞したことは、大変な快挙と言えます。
現在、ジョホール州イスカンダル・マレーシアでは数多くの不動産開発が行われていますが、「Best」カテゴリーの獲得は本物件が初となります。


UMシティ 授賞式

お友達にすすめる
Pocket

Loading...
  • お問い合わせ候補に追加
  • 印刷画面を表示する
■同一物件の他の部屋情報
UMシティ5,400万円169m²4R6F-C4-006
UMシティ2,988万円91m²4R7F-C3-008

TOPページ > UMシティ ・物件詳細

お問い合わせ候補を確認
※各ページで「候補に追加」した物件は、上記ボタンからご確認頂けます。


※Twitterサーバ側の混雑により、情報が表示されない場合があります。