㎡単価は東南アジアの中でも格安、ローン購入も可能

クアラルンプールのスカイラインの写真

東南アジアの中でも格安な㎡単価、最高級コンドでも東京都心の約1/3

物価水準が日本の1/3程度と言われるマレーシアでは、不動産価格も日本と比べて格安です。首都クアラルンプール(KL)の一般的なコンドミニアム(マンション)の㎡単価は、世界でも物件価格が高い地域である香港、シンガポールよりも大幅に安いのはもちろんのこと、一人当たりの名目GDPや国民総所得がマレーシアを大きく下回るタイやフィリピンよりも安いなど、主要な東南アジア諸国の中でも一二を争う低水準にあります。

外国人に人気が高い、現地の人が羨むようなクアラルンプールの最高級コンドに限ってみても、東京都心の最高級マンションと比べて、概ね1/3程度の㎡単価となっています。

マレーシアの物件価格が格安である理由としてはまず、2006年頃まで外国人の不動産購入に対する規制が厳しく、不動産市場に外国資金が多く流入してなかった点が挙げられます。また、マレーシアの国土面積が33.1万㎢と、日本(37.8万㎢)の9割程度である一方で、人口が2014年時点で約3,239万人と、日本(約1億2,618万人)の約1/4の人口であることから、住宅用地が多く依然として土地価格が安いことも影響しています。

その他、マレーシアには地震・台風などの災害がほとんどないことから、日本ほど厳しい建築・耐震基準が課せられておらず、建物の構造が比較的シンプルで建築コストが多く掛からないという事情もあり、決して「物件価格=質」というわけではありません。

アジア主要都市の1㎡当たりコンドミニアム平均価格の比較

マレーシアの高級コンドは洗練されたハイクオリティな物件が多数

クアラルンプールの高級コンドミニアムは、欧米で学んだ先進的なデザイナーや有名ホテルなども手掛ける大手デベロッパーによって設計・開発されています。そのため、洗練されたデザインで構築されたセンスの良い物件が多くあります。

また、1ベッドルームのユニットでも100㎡を超えるようなゆったりとした作りとなっていることも珍しくないうえに、天井高も3mを超えるのが当たり前(日本は概ね2.4m程度)であるなど、マレーシアの高級コンドミニアムには欧米仕様の開放感に溢れる住空間が広がっています。

さらに、高級コンドミニアムの中でも比較的手頃な価格帯(3,000万円前後)の物件でも、24時間ガードマン常駐のセキュリティゲートやプール、ジム、子供用プレイグラウンド、専用駐車場などが完備されているほか、テニスコートやバスケットボールコート、バーベキュー場、レストラン等が備えられた物件もあるなど、日本の同価格帯の物件よりもハイクラスの生活を楽しむことができます。

ハイクオリティなマレーシアの高級コンドの写真 マレーシアの高級コンドミニアムの開放感溢れるプールの写真

外国人でも自分名義で登記可能、不動産を担保にしたローン購入もOK

マレーシアは固定資産税をはじめとする不動産の取得・保有・居住・売却に関わる諸費用が格安であるほか、住民税や相続税、贈与税が“ゼロ”の国です。また、マレーシアでは国内不動産市場を活性化させるために、2006年12月の法改正によって規制を緩和し、国策で外国人による不動産所有を奨励しているため、コンドミニアム・一戸建てを問わず、東南アジア諸国では唯一、国外居住の外国人でも購入した不動産をいくつでも自分の名義で登記することが可能です。

さらに、マレーシアでは外国人であっても対象不動産を担保にしたローンでの購入が可能であるため、レバレッジを効かせた投資効率の高い不動産投資を行うこともできます。長らくイギリスの植民地下にあった経緯から、法律・契約面は英国法基準でしっかりと整備されているうえに、政治リスクもほとんどないため、マレーシアは外国人でも安心して不動産を所有できる国といえます。

ただし、マレーシアでは低価格帯の物件価格が高騰し、ローカル層の住める家が無くなってしまうことを防ぐため、外国人に対して購入できる物件の価格に下限が設けられていることには注意が必要です。外国人が購入できるのは原則としてRM100万(2,700万円)以上の物件に限られていますが、この最低価格は州や物件種別によって異なることがあるため、規制内容を把握したうえで購入するエリアや物件を決めることをおすすめします。

参考情報:マレーシア不動産の外国人に対する最低購入価格規制について

“次の先進国”投資マネーが流入→

▲ホームに戻る

Pocket